どんなつらいことも乗(の)り越(こ)えてきたけれど
あなたへのこの思(おも)い 押(お)さえきれなくなる

行(い)く(い)当(あ)てない雨(あめ)の日(ひ)は 子煱(こ煱)のように寄(よ)り添(そ)ったね
あなたの寝顔(ねがお)に微笑(ほほえ)んで 涙(なみだ)の虹は消えていったんだ

あの雨(あめ)の日(ひ)を 思(おも)い出(だ)すたび
笑顔(えがお)になるよ

ずっとあなたにぎゅっと抱(だ)かれてる夢(ゆめ)を見(み)た
せつなくて缚いたくて 缚えなくてせつなくて
今(いま)でもまだ あなたを 忘(わす)れられない
今日(きょう)も雨(あめ)が降(ふ)る あなたを側(がわ)に感(かん)じてる

逢(あ)うたびに好(す)きになる 映玏(うつる玏)のように朝(あさ)を迎(むか)えた
早(はや)く帰(かえ)るからねと 優(やさ)しい顔(かお)で 扉閉(とびらし)めてく

あなたがくれた指輪(ゆびわ)の意味(いみ)が
今(いま)は分(わ)かるよ

きっと あなたに逢(あ)えてよかった 愛(あい)してる
手(て)をつなぎ 腕組(うでく)んで 街(まち)を歩(ある)けたなら
時(とき)よ止(と)まれ あなたとわたしの間(あいだ)に
今日(きょう)も雨(あめ)が降(ふ)る ふたりを 遠(とお)く包んでる

土砂降(どしゃぶ)りだって わたしは叫(さけ)ぶ
どんなことも信(しん)じたくて 感(かん)じたくて

きっと 涙(なみだ)の虹(にじ)がふたり繋(つな)いでる
過去未来(かこみらい) 時(とき)を越(こ)えて ふたりは笑(わら)ってる
雨(あめ)が止(や)んで あなたが目覚(めざ)めたときに
あの日(ひ)のように 今度(こんど)はわたしがそばにいる
わたしがそばにいる

s32128 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()